2006年05月05日

やっと来たチャリの季節

五月になってもまだまだ桜の便りのない札幌ですが、なんとかチャリが楽しめるくらいの気候にはなってきました。
この間引っ張り出してきたマウンテンバイクにまたがると、しばらく休んでいたチャリはもちろんのこと、僕の体までもがうまくいきませんでした。

いやあ、きびしいっすね。

とりあえずは、しっかりメンテしてマウンテンバイクをさっぱりしてやりたいです。

それにしても、
体の衰えは深刻なわけで…

体作りもしていかないと、どうやらこのダルダルのボデーでは太刀打ちできないようです。


とりあえず…
今年もチャリとともにあばれるぞー!!

と、心ばかりの気合いをいれて、今年も楽しもうと誓うのでした。
posted by ちるどれん at 23:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

いつもより雪の多い春を恨む

四月にはさすがの札幌の雪もとけているのですが、今年に限っては路肩などに雪がまだ残っているという状況です。

そんな中でパンクする天空開発くんの運は非常に悪い としか言いようがないですね。

かく言う僕は…

まだマウンテンバイクにまたがってすらいない

状況なワケで…。

北国の春と同様にチームBBJの春も遠いのでしょうか。
posted by ちるどれん at 00:15| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

スパナがなくとも

この間、マウンテンバイクがパンクしました。
一チャリダーとして、自力で直さねばなりません。
実は前回もママチャリがパンクし、直そうとしたのですが、
すぐに同じ箇所から空気が漏れ始め、失敗に終わりました。

このままでは旅先でトラブルを起こしたとき、困ることは必至なので、
今回はパンク修理をマスターすべく、修理セットも買ってきました。


暇だった深夜。
早速チャリを分解し、「始めるぞ!!」と意気込んだものの、
スパナがないっ!!!!

そうです。
スパナがなければパンク修理はできないのです。
はさみで代用しようしましたが、不可能。
誰かに借りようと思いましたが、みんな寝ている時間。


そこで僕はスパナ無しで修理することにしました。
チューブをタイヤの隙間から無理やり引き出し、何とか修理することができました。
まだ成功かどうかは分かりませんが恐らく大丈夫でしょう。


もう春です。
遂にチャリシーズン到来ですね。


人気blogランキング
posted by 天空開発 at 04:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

別海の観光スポット紹介@ 野付半島

再びチャリに跨れないような路面になってしまったので、別海紹介をしたいと思います。
今回は別海を訪れるにあたって、是非とも抑えておきたいスポットです。

そのうちの一つが野付半島です。
聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。
地理の授業で習ったはずなのですが、ここは日本最大の砂嘴です。
潮流によって砂が運ばれ、細長い半島のような地形を形成するという、独特な地形です。

比較的直線的な海岸から、カマキリの腕のように伸びているのが野付半島です。
よく空撮などがガイドブック等に載っていますが、
自然の造形とは思えないくらい絶妙な形をしています。

また、野付半島は、その先端付近まで車道が延びています。
その道もまた素晴らしく、両側に海を見ることができます。
先端付近には波の浸食によって枯死したトドワラ群を見ることができます。


僕は今まで二回訪れているのですが、
2回とも冬だったので、トドワラはしっかりと見ていません。
3回目はトドワラを巡る遊歩道も歩いてみたいものです。


人気blogランキング
posted by 天空開発 at 01:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

アスファルトを走れる喜び

ドカ雪でチャリダーにとっては辛い季節が続いていた札幌ですが、
ここ最近は寒さが和らぎ、だいぶ雪が溶けたうえ、雨まで降りました。

sakan01.JPG

これがその時の写真です。
スリップの恐怖は皆無で、夏場のように風をきって走ることができました。
この時期でこの暖かさは・・・と不安になりますが、走り易いのは大歓迎です。







と思ったら・・・

sakan02.JPG

これがその2日後の写真。
また降り出したな・・・と思っていたら一気に積もりました。
札幌の春はまだまだ遠いようです。


人気blogランキング
posted by 天空開発 at 01:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

2006年 冬 別海

我々チームBBJが別海へ旅立つのは半年も先のことですが、
一足先に行ってきました。。
と言っても、寮の友人と、知床の羅臼に旅行する時にチョロっと通過しただけです。
半年先までお預けにしたかったのですが、
「まあ、通るのはほんの4キロくらいだから」という気持ちで突入。

この日の別海は吹雪いてはいなかったものの、生憎の曇り空。
それでもどこまでも広がる牧草地の風景には感動しました。
あと道のアップダウンが激しいです。
なかなか走り甲斐がありそうです。

別海、半年後にまた会いに来ます。


ブログランキング
posted by 天空開発 at 17:57| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

復活してません

というワケで、意味なく強制復活させられた格好のちるどれんです。

さらに遅れたという失態…

とりあえず天空へ「ごめんなさい」

なので、何を書けばいいのか分かりません。
というか、マウンテンバイクが手元にない(屋根のしたで眠っている)いま、このブログが虚しく存在しているだけなのです。

さらに、たくさんの障壁はあります。
例年以上の雪、お金もない、etc…

そんな格好悪いこといってても始まらないので、
何かしら動かなくてはと思ってます。
posted by ちるどれん at 12:38| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

ようやくレポートも終わり…

1月中旬から怒涛のように続いていたテストとレポートも終わり、
何とかこのブログも再開できそうです。

ブログ休止中、体はなまりまくり、
動かしていたのは手首と指先だけ(脳はあまり使っていない)。
辛うじて乗れていた自転車も超凍結路面の出現により、あっさり引退。
さらに不規則な生活を送っていたこともあり、ストレスが溜まってしまいました。

今日は久々にトレーニングセンターに行き、自転車を漕ぎました。
これからは春休み。
溜まった鬱憤をガンガン晴らしていきます。


ちるどれんも明日復活するはずなので、彼の挨拶に期待しましょう。


ブログランキング
ワンクリックで一票よろしくお願いします!!
posted by 天空開発 at 22:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

別海町の紹介B

別海町の紹介も今回で3回目。
今日は別海町の特産品について紹介します。
やはり、1年計画ですから、豪勢に行きたいですからね。
別海を食べ尽くしてきます。

まず、別海と言えばやはり酪農です。
そういうわけで、乳製品は外せません。
牛乳、バター、チーズ、ヨーグルト、アイスクリームなどなど。
別海の広大な台地で暮らす牛の乳は最高だと思います。

そして別海のもう一つの顔、それが漁業です。
ここ別海の海で最も有名なのが、北海しまえび
北海しまえびは北の綺麗な海域にしか生息しない珍しいエビです。
どうやら甘みが強く、煮るのが旨いそうですね。

別海に行ったら、是非美味しいしまえびが食べたいです。


最後に、忘れてはならないのが、セイコーマートのやきそば
「桜の花の咲く頃に」を御覧になった方は分かるでしょう。
あの先生が食べていた、あの具のない焼きそばです。
別海名物ではないのですが、我々が別海に行くきっかけになったドキュメントに登場した重要なアイテム。
食べないわけにはいきませんね。


Road to 別海はも奮闘中!!!!
ブログランキング
posted by 天空開発 at 21:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

別海町紹介A

別海町紹介の二回目となる今日は、別海町へのアクセスについてお話します。

まず東京からの場合、根室中標津空港に飛びましょう。
そこから車で40分ほどで別海です。

札幌から列車で行く場合、まず特急スーパーおおぞらで4時間かけて釧路へ。
そこから根室本線の普通列車でまた1時間半かけて、根室市厚床まで行きます。
そこから別海へバスが出ています。
約30分ですね。

札幌から高速バスで直接別海まで行くことも可能です。
ドキュメント「桜の花の咲く頃に」で、国語の先生が札幌の予備校に向かうときに使っていたバスだと思われますが、
オーロラ号という深夜バスが、札幌―別海間を8時間半かけて結んでいます。
札幌から行く場合、最もお手軽な交通手段だと思います。

我々のように自転車で行くという方は好きなように行ってください。
別海に行く道は数多有りです。
国道だけ見ても、別海に至る道は
釧路から272号線
厚床から、あるいは弟子屈から243号線
斜里から244号線

どの道もどこまでも真っ直ぐな北海道らしい道です。
もし坂を嫌うのならば、釧路方面から来るのが良いでしょう。

どうぞ皆様。
今年は別海に行きましょう。


あなたの一票が明日の「Road to 別海」を変える!!
ブログランキング
posted by 天空開発 at 12:28| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。