2005年12月31日

別海町紹介@

え〜、雪のせいでチャリにもなかなか乗れなくなってきたので、
また「桜の花の咲く頃に」の再放送も見たので、
我々が目指す別海町の紹介をしましょう。
一回目ということで、大まかに。

まず別海町がどこにあるか、ということですが、北海道の東の果ての方です。
道東の中心地釧路市と、今話題の世界遺産知床半島とのちょうど中間地点にあります。
オホーツク海を挟んで北方領土である国後島と向かい合っています。

また、別海町は市町村合併の波が押し寄せる以前までは、
日本で二番目に大きな町として知られていました。
僕も小学生の頃、そういう流れで別海町を知り、見果てぬ遠い地に思いを馳せていました。
どこまでも牧草地や草原、湿原が広がっているというイメージがあったので、
一番大きな足寄町よりもその思いは強かったと思います。

実際の大きさは約1320km2。
香川県よりちょっと小さいくらいです。
その広さで人口は約17000人。
牛の方が多く、約12万頭います。

その数字からも分かるとおり、日本一の酪農の町なのです。
うねる地形にどこまでも広がるグリーンの牧草地は別海町を代表するような風景です。
まあ、そんなイメージは町民ではない僕の勝手なイメージであり、
冬は非常に厳しく、吹雪の日が続くそうです。
夏もよく濃い霧が立ちこめ、なかなか日光が当たらず、気温も上がらないそうです。

旅を終えたところでこういったイメージもガラリと変わるかもしれません。
そういった意味でも来年の夏が楽しみでなりません。


Road to 別海はブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
posted by 天空開発 at 00:39| ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

雪チャリの苦難

ブログランキング

札幌の街がすっかり白くなってから1週間くらい経ちました。
きっと別海は吹雪でしょう。
もう路面はデコボコツルツルで、自転車に乗る人も見かけなくなりました。
多分それが正しい姿でしょう。

しかし僕はマウンテンバイクのブロックタイヤならなんとかなるだろうという甘い考えで外出。
その結果、酷い目に逢いました。
ちょっとコンビニに行って、帰ってきた時の愛車の姿がコレ↓です。

yukityari.JPG

ブレーキパットに氷が付着し、ブレーキが効かなくなりました。
ブロックの溝のほとんどに雪が詰まってしまいました。

やはり冬にMTBは危険という結論でした。
大人しくママチャリに乗ります。

Road to 別海はブログランキングに参加しています。
posted by 天空開発 at 22:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

遂に雪が……

11月上旬の初雪から1ヵ月半!!
ここ札幌だけは積雪を免れてきたわけですが、ついに来てしまいました。

mtb-owari.JPG

自転車も少なくなった駐輪所。
路面もツルツルで、自転車に乗るには危険な状態になってます。
スパイクタイヤを買わなくてはならんかな〜。

そう考えながらも冬が始まってきます……。

ブログランキング
posted by 天空開発 at 21:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。