2005年09月28日

風邪でダウン

こうしてパソコンに向かっているわけだから大方回復しました。
マウンテンバイクに跨るのはもうしばらく待ったほうが良さそうです。

ベットに縛り付けられている間は何もすることがなくて、やはり色んなことを考えてしまうもんです。
マウンテンバイクのことも考えましたね。
次はどこへ行こうとか、装備として何が必要かとか。
そうやっていると無性に乗りたくなるんです。
今こうしてパソコンに向かって、ホームページ上に掲載されている、険しい道の写真を見るたびに体が疼くのです。
やはり、山チャリスト皆さんおっしゃるとおり、マウンテンバイクって中毒性がありますね。

これからの北海道、11月から3月にかけての長い充電期間、電気貯めていられるか心配です。
posted by 天空開発 at 01:11| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

チームBBJ札幌に再集結

各自、帰省や旅行を経て、再び札幌の同じ空気を吸う状況にいたりましたが、なかなかチャリに乗る機会がないです。これからの季節が、我々にとって正念場となることが目に見えているので、早いうちにたくさんのって経験を稼いで行きたいものです。

この先は、九月中に二回はいける事だろうと思っています。
十月には、一泊でどこかに走りに行きたいです。

とにかく、別海が遠のくような事態は避けたいものです。
posted by ちるどれん at 23:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

輪行袋の持ち方

札幌に帰ってきました。
帰りはバス→フェリー→バスということで、輪行を2回行ないました。
回数こなすとやはり慣れるもんですね。
10分以下でチャリを袋に収納することができるようになりました。

以前も紹介したとおり、僕の輪行袋はショルダータイプです。
縦にすると僕の身長を越え、まともに持ち運ぶことができないことも、述べました。
しかし今回僕は重大な過ちに気付いてしまいました。

縦ではなく横にして持つのではないか・・・。
実際そういう持ち方をしたら、自然に持つことができました。
posted by 天空開発 at 17:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

ケツが光る。

て、別にホタルじゃないです。
チャリの話です。

自転車に乗るのが夜になることが多い僕は、かねがね背後の恐怖を感じていました。
100mを3秒で走る「口裂け女」が怖い…
んなわけないです。
マウンテンバイクで快走するときに車道を走ることから、後ろから来る自動車が気になるので…
テールランプを導入しました。

しかも、自動点灯!!
かっこいい!ひとめぼれで買いました。
暗い時に振動が加わると、赤いLEDが点滅します。これで、僕のチャリはケツも頭もピカピカです。

安心して練習が積めるってもんです。
posted by ちるどれん at 01:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

地獄を見た

今日も元気にツーリングです。
北海道はヒグマが怖くて山に入れませんが、長野でも最近クマの目撃例が絶えません。
にもかかわらず山に行ったわけですが・・・・・・。

ターゲットは県内の高山村と山ノ内町の間に立ちはだかる小池峠。
この峠を県道宮村湯田中線が越えているんですね。
いや、酷い道でした。
これが県道の起点なんですけど、初っ端から嫌な予感がプンプンしますね。
miyamura.JPG

いやはや、あんな道にはマウンテンバイクで入るべきじゃないです。
もう一本行った、小池峠のお隣の間山峠に関しても同じことが言えます。
あんな道走ったらマウンテンバイクの寿命が縮みます。
詳しいことはホームページで後日発表します。

それにしても、今日ちるどれんから送られてきたメールのアレ、名言ですな。
擦り傷の数だけ立派な山チャリストに成れる
posted by 天空開発 at 18:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

予想外の爆死

支笏湖ツーリングもこなし、新潟から長野も走りきった今、もう何処へでも行けると思っていました。
しかし、それは甘〜い考えでした。
長野の険しい山並みは僕の脚では、とても突破できるものではなかったのです。

今日は午後から、近所の県道戸隠高原浅川線の旧道を自転車で走ったんです(詳しいレポートは後日ホームページにて公開します)。
その帰り道、県道から清水という集落に続く道があったので、入ってみました。
いきなり物凄い勾配で、しんどかったです。
長野オリンピックを機に新設された道にもかかわらず、やたら険しく細い道が続きます。
一番軽いギアでも、ペダルが重いです。
そして・・・。

ぬぬぬぬぬ…
ギブアップです。
さらに登り続ける道を見たら、心が折れました。
まだまだ甘い……。

↓ギブアップ時に撮った写真
kiyomizu.JPG
posted by 天空開発 at 22:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

強行の夜は明けて

泥のような眠りからすっかり覚めた天空開発です。
体中が痛み、今日一日は動けないでしょう。

さて、二日間の行程を振り返ることにしましょう。
とにかくしんどくて、暑かったことが一つの感想です。
それと、やりきったことが未だに信じられないというのもまた一つです。

一番軽いギア、通称長老(超LOWだから)を使わなかったことも特筆すべきことでしょう。
何度も挫けそうになったとき、途中会った先輩からの差し入れ、友人・家族からのメールによって乗り切ることができました。
所々変化する、信濃川の美しい風景にも力付けられました。↓

tikuma.JPG

しかし、こんな無茶な行程が別海ツーリングで通用するわけがありません。
その辺やっぱり気を遣っていかねばならないな、と感じました。
posted by 天空開発 at 15:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。